パンツの経験

今まで生きてきた長い間に、
二人の「パンツをはいたことがないのよ!」と言う人に出会いました。

一人は、「一生を和服で過ごした」という90歳を越えたおばあさま。
こんな風に齢を重ねられたらステキ!と憧れていたけど、故人になってしまわれました。

そして、いま一人は、還暦を過ぎたばかりの奥さま。
この方も、和服が良く似合う優雅なお人だけど、
普通に主婦をこなしながら、山歩きをされるなど、
とにかく、活発な女性なんです。

「地域の草刈とかも、スカートなの!パンツってはいたことないのよ!」・・・と。
「見た目はスカートで、実はパンツっていうのできないかしら?」・・・と。

そこで、こんなの作ってみました。

IMGP0882 の補正 立ち姿は、フレアーたっぷりのスカートに見えます。

IMGP0884.jpg  足を開くと、実は、サムエルパンツです。

IMGP0886 の補正  足を入れるところも脇のフレアー部分も開いてます。

男物の「兵児帯」を丸々、一本使いました。
どっしりとしていて、ストンと下に落ちてくれて、シルエットが綺麗です。



ところで、<パンツ>で反応していただいたそこのお方さま!
いちばん下につける、<パンツ>でなくて、期待を裏切ってごめんなさい。

                                             広島ブログ
スポンサーサイト

ティアードスカート

茶色と黒の縞模様のこの生地に出会った時、
即、「これはティアードスカート」にしよう!」と思いました。

布を見てすぐに作品が思い描けたら、大体、お気に入りが出来るものです。

IMGP0839.jpg ティアードラインを斜めにしたら、
                       ギャザーの動きが軽やかになりました。

IMGP0843 の補正  ウエストのギャザー処理です。
                        ボタンホールの開いたゴムテープで寸法の調節が
                          自由に出来る仕上げにしてみました。

  今夏の酷暑を、涼やかなティアードスカートで乗り切りましょうよ・・ね 
                                    
                                      広島ブログ

せみの脱皮

怖い方、スルーなさってくださいね。


午後8時過ぎから、網戸で始まった「せみの脱皮」

こんなにじっくり間近で見られるなんて・・・・

初めての経験に、ワクワク!ドキドキ!で見入ってしまいました。


生まれたてのせみの翅って、薄緑色なんですね。

とっても、綺麗!

いまも、網戸にとまっていますが、「あぶらぜみ」の翅の色に変わっています。

IMGP0856.jpg IMGP0865.jpg 
IMGP0867.jpg IMGP0871.jpg 
IMGP0871.jpg IMGP0873.jpg 
IMGP0876.jpg

ワタクシメモ、ダッピシタイケド、コレイジョウヌイダラ「ハンザイ」ニナルイデタチデ~ス
                                     
                                       広島ブログ





お洒落でしょ?

黒の錦紗縮緬に朱の縮緬と黒の鹿の子絞りをアクセントにして
スカートを作りました。

昔の縮緬は、どっしりとして、しっとりとして、落ち感が抜群!!
綺麗なシルエットが生まれました。
黒縮緬の紋もデザインとして使っています。

IMGP0837.jpg  IMGP0836.jpg
IMGP0838.jpg ウエストのゴムがない部分に羽織ひもで遊んでみました。
                         (スカート丈の調節可能で~す)
 いかがでしょうか?
                                 広島ブログ

たまには仕事のことを・・・

たまには、仕事のことも書かなければ・・・仕事のこと、忘れられてしまいそうです。
「きゅうり」や「赤シソ」などに追いかけられて、
台所の囚われ者になってしまいますから・・・


数種類の縦縞藍木綿を接ぎ合わせて、デザインしてみました。
接ぎ目にはさんだ「幟旗」の色味が効果的!
ワンピースとして、ジャンバースカートとして、着ていただけま~す。

IMGP0833.jpg  IMGP0835.jpg

ハイウエストの切り替えと前身ごろのくるみボタンが、地味な木綿を可愛くしてくれました。
お気に入りの作品で~す。



夜が更けてから、雨が降り始めました。
いくらか、涼しくなって、ほっと一息で~す。
                              広島ブログ

胡瓜御一行さま

出来る時は、どこも一緒なんですね。
ここ数日、胡瓜御一行さま団体でご到着で~す。

今朝も、約3キロ。 ドサッと!!

佃煮に変身させま~す。

IMGP0830.jpg 2~3ミリにカット

漬物器で塩漬け IMGP0831.jpg あんなにたくさんだったのに、ペッちゃんこで~す

明日の朝、佃煮に炊きま~す。
胡瓜以外に、しょうが・鷹の爪・ちりめんじゃこ・塩昆布を調味料で煮るだけ!
(胡瓜の水切りをしっかりしないと、カリカリした食感が生まれませんよ~w)
(いろいろと作る佃煮の中で、いちばん、簡単だと思いま~す)


三日前に作った「佃煮」で~す。
あちこちに貰われて行きましたが、好評で~す
ただ一つ、ご飯がすすむ!お酒がすすむ!難点あり~!!ですが・・・

IMGP0832.jpg 食べてみる?
                                      広島ブログ

台風の名前

台風銀座といわれる所で育った私も、

気候温暖な瀬戸内での暮らしの方が長くなると、

ウキウキドキドキの気分よりも

ハラハラドキドキするようになってきました。

(齢を重ねて、元気が無くなったのも関係していますが・・・)


それにしても、今度の台風、歩みが遅いですね。

いつまでも、強風がおさまらず、窓を閉めると暑いし、開けると物が宙に舞うし・・・

困ったものです。

今回の台風の名前<マーゴン>というらしいのですが、
これって、女性名?男性名?って、とても気になって・・・

昔、<台風(ハリケーン)は女の人の名前>と習った記憶があるのですが・・・
(なんの足しにもならないことなのに、調べてみました)


          米国空軍や海軍の気象学者らが、
          彼らのガールフレンドあるいは妻の名前を愛称として使ったことから、
          女性の名前のみが使われることになりました。
          しかしその後、それでは男女同権に反するということで、
          1979年以降は男性と女性の名前が交互に用いられています

          2011(平成23)年台風6号は「マーゴン(Ma-on)」。
          香港の委員会から提出され、山の名前(馬の鞍という意味)、
          台風第7号は「トカゲ(Tokage)」、
          日本の委員会から提出され、とかげ座という意味です。


<マーゴン>という名前に、
<マンゴー>なら美味しそうなのに・・とか
もしかしたら<ママゴン>の間違いかも・・?などと、
つまらない妄想に弄ばれた事実が判って、よかった!よかった!
                                  広島ブログ          

夕顔の花

「夕顔の花」が一輪、地面スレスレのところに咲いていました。

IMGP0813 の補正
爽やかで、優雅で、好きな花です。IMGP0812.jpg

グリーンカーテンの役目が果たせるように、ぐんぐん成長してくれれば嬉しいのですが、
朝顔のようには、いかないのでしょうか?
なかなか、大きくなりません。



なでしこジャパンの快挙に興奮気味の我が家!
三連休で帰省した息子(誰に似たのか無口で~す)を巻き込んで・・・

一生懸命な若者の姿って、なんと美しいのでしょう!

感動をありがとう!

                             広島ブログ

SAKODA  NO  SAKURA

一年半振りくらいでしょうか?

「お久し振りで~す!お元気でしたか?」と陽気な声で訪ねた

「SAKODA NO SAKURA」
   (広島市安佐北区白木町三田3938)

桜の季節は言わずもがな、緑の季節も、いい所・好きなところです。

駐車場からお店の入り口までの「竹林」のアプローチが大好き!
IMGP0809.jpg伐られた竹のヒゲ根が面白い造形です。



多すぎず、濃すぎず、甘すぎず、心地よいランチをいただいて・・・

ふと、カウンターの中にご主人の姿がないことに気付きました。

「きょうは、ご主人さまは・・・?」の問いに、
「主人は去年の3月、桜の季節に亡くなりました」との答え!
もう、ほんとにびっくりしました。

30代後半?40代のはじめ?と思う、お若いご夫婦でした。
ご病気だったとか・・・
まだ、小学校のお子さまがおいでのはず・・。

奥さまの健気な姿に、思わず、涙がこぼれました。

「かけがえのないものを失った人」の深~い哀しみが、寂しさが、伝わって辛かった!


子供と一緒の時間を過ごしたいから、8月は一ヶ月間お休みします!とのことでした。

9月になって、お店の桜の古木の葉が涼風に揺れるようになったら、また、お邪魔しますね。

真っ白の紫陽花が、真っ白のままで、綺麗でした。IMGP0807.jpg
                                      広島ブログ

満月の夜

戸締りを忘れたのかしら?と心配になるほど、
明るい月の光が差し込んできています。(見て!見て!空を!)


今日もまた、暑すぎる一日でしたね。
暑さって、慣れにくいのでしょうかしら?


ここ数日、食欲不振!(珍しいことで~す)
そうめんを一把、やっとこさで、流し込む食事でした。

多分、<水あたり>したのでは・・?
道の駅で買ってきた「ハブ草茶」がぶ飲みしてま~す。



夕方、今年初めて、蝉の声を聞きました。
とってもか細い声だったので、蝉も夏バテしてるのかね?って言ったら、

「耳鳴りじゃろう・・」と言いすてられました。(く・や・し・い
あした、必ず、仇をうつから・・・ね!                             広島ブログ

熱っちっち・・・

着地したところが、悪かったわねぇ! キリギリスさん!

炎天下に駐車していた車のボンネットの熱さは、如何ばかりか・・・!

石川五右衛門の釜茹で」とは、きっとこんな状態では?

足をせわしく動かして、大慌てで、ワイパーの所まで避難してきました。

IMGP0785.jpg

虫好きなツレ!車を停めて、救助してやりましたよ!

(私は、「ねぇ!あれ、バッタ?」と聞く物知らずでした)
                                    広島ブログ

でっかいどぉ~~!!

こんな大きな 「はまぐり」 が届きました。
もう、びっくり!!
なんでも知った気な ツレどのも、初めて見た!とのこと。
私も、中身が入っているこんなに大きな 「はまぐり」 初めてみました。

IMGP0795 の補正

先日、知人のお店(食事処で~す)に行ったとき、
「大きなはまぐりの殻が欲しいんだけど、殻が出たら置いといてね!」
「中身は要らんのじゃけど、殻が欲しいんよね!」
「細工に使いたいんよね!」
と、喋ったのです。



まさか、生きたのが届くなんて、思ってもいなかった私。

さぁ!こんなに大きいの、どんなにして食べれば良いのかしら?(困惑中で~す)

でも、でも、嬉しかった!
おーさん!ほんとに、ほんとに、ありがとうございました!
                                  広島ブログ

レディー ガガ

今日(11日)の <徹子の部屋> ご覧になりませんでした?

サングラスを外して、喋り始めるまで、
何回も、「レディー ガガ」さんと紹介されてるのに、
ワハハ本舗の「久本雅美」さんが変装してる!と思っていました。
似てる!!と思いませんか?
IMGP0792 の補正  IMGP0790 の補正

IMGP0789 の補正  頭上に巻き上げた髪の中から「飴」を取り出すお茶目ぶり

IMGP0791 の補正  この不思議な「靴」 日本人の作品ですって!

IMGP0793 の補正  奇抜な服装と、びっくりするような化粧がとってもお似合い。

日本が大好きで、東日本大震災のあと、即、救援活動を始めたこと。
サイン会で長い行列を並んで待っているファンに、
ピザやドウナツなど準備して、待ってもらう・・・とか、

見た目の派手さとうらはらの、細やかな、優しい気配りが出来る人なんだ!!


それにしても、変わったいでたちだったなぁ!
世界に一つの、個性が光っていました。

                                   広島ブログ

涼のしつらい

年を追うごとに洗練されて、落ち着いた夏の風情の「紙風船」さん。
ここだけは、外の炎暑が嘘のようです。
床の間の笹飾りが、なんとも爽やか!!
ひっそりとしていて、品のあるこんな佇まい!良いですねぇ!

IMGP0783 の補正 IMGP0782.jpg
おそうめんも海老も氷もみょうがも、冷やされて、さぁどうぞ!と言っているみたいでしょ?
(ところがどっこい、何もかも全部、つくりものなんですよ)


あちこちに、たくさん飾られている「笹の葉」がどれも生き生きしているんですよね。
水揚げが悪くって、すぐに丸まってしまうのに、何か、特別な技があるのかしら?と思って、

「この笹、何日目?」と聞いてみたのです。

その返事に驚きました。
   
   ・
   
   ・
   
   ・
   
   ・
     
   ・
「毎朝、換えてるの!」と。


何ごとにも、大変な苦労と努力がいるものですね!

人をお迎えするって、こういうことなのだ!と感嘆しきりの私でした。
(私には、到底!金輪際!絶対!不可能な気遣いで~す)                                 
                              広島ブログ

好きなんです!

ミシンの調子がイマイチ悪くって・・・

縫いはじめと、縫い終わりの回転数が低くなると、軋んだような音がするのです。

ドライバー片手に、分解開始!!
好きなんですよ!!こんなことが!!

器械のこと判らないのに、アチコチつついて、ほこりを払って、油を差して・・・
いかにも、知った気にやるのです。

今回は、何とか上手くいきましたが、

来てもらったミシン屋さんに「こうする前に電話しんさいや!」と今まで何度言われたことか!!

でも、性懲りなく、知った気に分解して、ワクワクするのです。

IMGP0774.jpg

油を多めに差したので、雑巾を何枚か縫ってから、作品作りにかかります。
(雑巾のご用がありましたら、お申し付けくださいね)
                                     広島ブログ

暑気払い

流されるのでは・・?と心配になるほどの吹き降りがあがったら、
突然、真夏の様相です。
急激な変化は、老体にこたえますねぇ!
青息吐息!座るとコックリ!

せめて、美しいものでも見て暑気払いしましょうか・・・

IMGP0761.jpg IMGP0759.jpg IMGP0757.jpg
IMGP0758.jpg IMGP0756.jpg IMGP0754.jpg

いちばんの見時は過ぎているのでしょうが、馥郁とした香りは健在でした。

さて、ここは何処の薔薇園でしょうか?
ボランティアの方がお世話していらっしゃるそうで~す。

(こんな写真で判る人いるもんか!の声あり。でも、そんなの無視で~す                           広島ブログ

京都がブランドなんだから・・・

先導してくれる長男の車の後から、
狭い道をハラハラしながら、やっとこさで付いて行く広島組でしたが・・・

香港から帰ったばかりの次男が、しみじみと、京都の物価の高さを語りました。
「外国から来た人は、可哀想だよな!
  1ドル80円位のレートなのに、鰊そば1杯が1000円もするんだから・・・。」

「道は狭いし、一方通行ばかりだし・・・」
「でもそれが、京都なんだよな!京都そのものがブランドなんだから・・・」と!

まったくそうだ!と思いながら、
玄関先に、さりげなく飾られた「七夕かざり」や、
長~い土間の先の、こんな夏仕様を見せられると、
IMGP0746.jpg  IMGP0747.jpg
やはり、京都って、いいな!と思うのです。矛盾してますよね。


長男が案内してくれた、北区・鞍馬口通りの不思議な建物「さらさ西陣」でランチです。
IMGP0749.jpg IMGP0751.jpg IMGP0753.jpg

お風呂屋さんだった名残りの「温泉マーク」が過去を語っています。
内部のタイルも見事!圧巻です!
若い方々が、建物の古さを武器に、見事に活用されている!と、妙に感動しました。

これもまた、 <京都ブランド> なんでしょうね。
                                広島ブログ

朱と青と!

7月3日(日)
京都の朝です。
ホテルのチェックアウトまでの時間を使って、歩いてみました。
昔、修学旅行の引率で、数回、訪れたことのある『平安神宮』へ。
鮮やかな<朱>の印象が強烈でしたが、
塗り替えの時期が近いのか、落ち着いた<朱>の平安神宮でした。
IMGP0737.jpg  IMGP0738.jpg

IMGP0739.jpg  IMGP0741.jpg


平安神宮から、すぐ近くの「京都市立美術館」へ。
何やってるかなぁ~?と言いながら、歩いて行ったら・・・
IMGP0745.jpg

ななな~んと!!

「フェルメール」やってました。
IMGP0771 の補正

私、妙に、「フェルメール」に縁があるんです。
10年くらい前でしょうか?
大阪で、偶然、フェルメールの「青いターバンの少女」に出会えたのです。

<フェルメールの青>に、すっかり魅せられました。

そして、また、京都で偶然、「フェルメールからのラブレター展」です。

ますます、<フェルメールの青>が好きになりました。

偶然も重なると、何か、不思議なご縁を感じますね。
なんの予備知識もない、まったくの「偶然」なんですから・・・

なんだか、とっても、得した気分で~す。

祥月命日のお参り

去年の7月2日に亡くなった母の祥月命日に
京都の東本願寺にお参りしてきました。

納骨式以来、久し振りでの家族の集いです。
お互いの無事を報告しあい、日頃の無沙汰を詫びつつ、互いをねぎらいあえるのも、
おばあちゃんのご縁があればこそのこと。
感謝!感謝!です。

京都暮らしの長男が、何くれとなく手配してくれて、
平安神宮近くのホテルで、ゆっくりすることができました。

孫の成長を、母に見せたかった!!

小学一年生とは思えない、成長振りです。
明るくって、ちょっぴりひょうきんで、ほんとに癒されます。

IMGP0727.jpg(本堂での法要のあと、祖廟にお参りしました)
IMGP0732.jpg(孫と爺ちゃん)
IMGP0730.jpg(孫と婆ちゃん)


丸山公園の中にあるステキな洋館『長楽館』でお茶をいただきました。
築102年の贅を尽くした洋館のたたずまいに、しばし、絶句!
こんなにきちんとしたお店って、最近、行ったことなかったわぁ!!
何もかもが、素晴らしいお店でした。
IMGP0719.jpgIMGP0720.jpgIMGP0721.jpg
IMGP0722.jpg    IMGP0725.jpg(女性用お手洗いで~す)



翌日(3日)も時間の許す限り、あちこちしたのですが、
それは、あしたのご報告にします。

運転したわけでもないのに、ただ、座っていて、食べて、飲んで、喋っていただけなのに、
よる年波はいかんともし難いですね。
眠くって、眠くって・・・。
                                広島ブログ



あり合せですが・・・

去年の明日・7月2日。
大雨の中、母が逝きました。
明日が『祥月命日』です。

長いようで、あっという間の一年でした。
仏壇の部屋に入るたびに、庭の花を供えるたびに、
仏壇の前に座り込んで、
生きてるうちにいっぱい喋っておけばこんなに後悔しなかったのに!
と涙しながら、さまざまを語りました。
私の人生のなかで、もっとも母の近くにいたような気がしています。


明日早朝、京都の東本願寺に『祥月命日』の法要に出掛けます。
京都在住の長男たちと広島から私たち夫婦と次男の身内だけですが、
母のこと、しっかり偲んできたいと思っています。
長男が用意してくれたお宿で、久し振りの、孫の賑やかな声が楽しみです。

    ☆
    ☆
    ☆

そういう訳で、2~3日前から、冷蔵庫の中身の整理中!
今日もまた、あり合せのお昼です。
なにもかも、ぶち込んで・・・の、いつもの定番で~す。
IMGP0717.jpg
                                 広島ブログ
リンク
プロフィール
広島ブログ

あんてぃ~くあとりえ遊布戀

Author:あんてぃ~くあとりえ遊布戀
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR