古伊万里のイヤリング

大切にしていた古伊万里の器なのに、ちょっとした不注意で壊してしまいました。
若い頃、少しずつ払わせていただいて、やっと自分のものにできた思い出の器でした。

なんとかして、形あるものにして残せないかなぁ~~!

そんな願いを、アクセサリーに作りかえて貰いました。

光量不足で暗く見えますが、漆で加工していますので、しっとりとして綺麗です。

お気に入っていただくものがありますでしょうか?
(大きさは100円硬貨と比較してくださいね)

IMGP0385.jpg

いちばん右の楕円形のイヤリングは、お客さまご注文の品で~す。
写真より、実物の方が段違いに良いですよ
IMGP0390.jpg

最近は、ピアスのお客さんが多いですね。
(金具の交換は、その場で出来ま~すよ)

ところで、この細工。
夫がコツコツと、細かい仕事を丁寧にやってくれてます。
暖かくなって、漆の作業がしやすくなったと言っております。
                     
                        広島ブログ
スポンサーサイト

帯のジャケット

思いのほか、難儀しましたが、こんなのが出来上がりました。

裾拡がりの、ラグラン袖(5分丈)
ボレロのような感じです。
襟ぐりに、オーガンジーのフリルカラーをつけてみました。
帯の柄を壊さないように、なるべく透明なものをと捜した
アンティークなボタンを付けています。
IMGP0379.jpg

後身頃です。
IMGP0380.jpg

フリルカラーは取り外すことができます。
カラーがいらないときは、こんな感じです。
IMGP0382.jpg
IMGP0383.jpg

総裏仕上げにしました。
裏地も羽織の裏地を使いました。正絹です。
IMGP0381.jpg

お慶びの席や、お集まりの席などに、羽織っていただきたいな。
ぜひ、ぜひ、現物を手にとってみていただきたいで~す。

                     広島ブログ

毎日でもOKよ!

西条町寺家にある「丸亀製麺」に行くと、
寒かろうが、暑かろうが、私の注文は「釜揚げ 並」
いつのまにか憶えられていて、
「いつものでいいですか?」と聞かれます

連れは、毎回メニューに迷って、今日は「うどん鍋」

ここが出来るまでは、海を渡ってでも食べに行きたかった
「釜揚げうどん」好きは、年季が入っています。

たまには、違うのをたのみんさいや!と連れに言われますが、
それだけは言うこと聞きません。

毎日でもOKよ

IMGP0349.jpg

やっと、春の作品展用のフライヤーに目途がつきました。
今月は28日しかないというのに、腰の重いことと言ったら・・・
(28日中に、紙風船さんに届けないとまにあわないというのに・・)

作品いくつか出来上がりました。
(フライヤーに載せたかったのですが、今回もバランスの関係で
 小物中心になりました)

明日から、少しずつ、UPしていきますね。
感想をお聞かせいただければ嬉しいです。
                      広島ブログ

昼の定番

基本的に昼は一人飯なのに、今日は思いがけず二人飯
なんの準備もないうえに、仕事の手を休めたくない状態。

はぁ~い!お昼の定番で~す!と出したいつものリゾット!

何がはいっとるん?
その辺にあるもの、いろいろ!

あぁ~~!メンドクサイ!

ご飯・牛乳・卵・チーズ・ウインナー・コーン・人参・パプリカ・セロリ
黒胡椒を思い切りたっぷりとサービスしましたよ。

どーぞ!召し上がれ!

IMGP0348.jpg

いつも、美味いもの喰うとるんじゃのぉ~!・・と!
それは、ないじゃろ・・・

                     広島ブログ

天亀(てんがめ)

「たまには、いつも同じじゃないの食べに行こうや!」と夫。
「いつもので構わんよ!」と私。
(いつもの!とは、丸亀製麺の釜揚げうどんのことで~す)

そんなやりとりのあと出掛けた「天亀」(西条町田口)は
大繁盛の大賑わい!

観光バス(西鉄)をお見送りするスタッフが入り口でお手振り中。
すご~いね!天亀さん!

店内は、五十三次の絵皿が並び、
蔵元だった昔がしのばれる骨董品が所狭しと並んでいます。
IMGP0346.jpg

この鯛に見覚えありませんか?
紙風船さんでも飾りに使われていますよね。
IMGP0345.jpg

検査が終わるまで封印していた「てんぷらご膳」を注文
これ、前菜!
海老のチリソース和え(多分?)が美味しかった。
IMGP0342.jpg

てんぷらを食べはじめて、慌てて写真を・・・。
おいしゅうございました。
IMGP0344.jpg

平日のランチタイムは、女性ばかりの感じだけど、
休日は、男性の姿がたくさん。

昨今のランチ事情って、こんなものでしょうね

                        広島ブログ

厄介な素材

先日、くりきさんのブログに、≪厄介な素材≫という記事を拝見しました。

栗の木は、加工する工具も手も、黒くなってしまう!というのです。

染物の材料で、栗の鬼皮や渋皮、イガイガなどを使うのですが、
材木になった栗の木でも黒く染まる!とのこと。

知らないことの、なんと多いことでしょうか!
勉強になりました。


ちょうど、私も、厄介な素材に悪戦苦闘中です。

豪華できれいな帯を前にして、

「これで、ジャケットを作ったら、可愛いだろうなぁ!」

取り掛かってみて、その難儀なこと。

裏にびっしりとわたっている糸の処理に苦慮しています。
下手に切ってしまうと表にひびいてしまいます。
接着芯で貼ってしまうと、風合いがこわれそう。
ボタンホールどうしよう・・・

IMGP0341.jpg

どうなりますことやら・・・
作品をお見せすることができれば、万々歳なのですが・・・
                          広島ブログ

春のよろこび

冬が厳しいほど、春の喜びは増すといいます。

ほんとうに厳しい寒さをくぐり抜けた人の春は、
どれほど暖かでしょうか!

(私の寒さなんて、四季のご挨拶ほどの些細な厳しさです)


久し振りのあたたかい陽射しが嬉しい。

先日来の異常な寒波で、開けなかった百合の花があわれで、
今回は、暖房の効いた部屋で咲かせてから、
仏壇にお供えしました。

花茎に近いみどり色が瑞々しくってきれいです。


IMGP0339.jpg

IMGP0338.jpg

                           広島ブログ

春の雪

一日中、止むことなく降り続いていました。
「なごりの雪」には、少々、大雪すぎましたね。

これが夜の雪だったら・・・
どれほどの積雪になったやら!
動きがとれなかったけど、昼間の雪で良かった。

大雪の始末に追われていらっしゃる≪北のみなさま≫の
ご苦労が想われます。
おおごとになりませんように!


IMGP0336.jpg

                        広島ブログ

噂は本当でした!

昨日の朝。
吹き降りで、窓に張り付いた雪の結晶に感動して、
水分をたっぷり含んだ重たい雪を丸めました。

熱があるというのに、
いい歳した年寄りのすることか!と呆れられながら・・・。


友人が、「また、買ってきて!」と言っても無理だよ!と
笑いながら言いつつ、差し出してくれた「八天堂のクリームパン」

噂は本当でした。
噂に違わぬ、クリームパンでした。

薄いパン生地の下は、カスタードクリームがずっしり!
甘すぎないクリームが、口の中でとろけました。

なかなか、買えない!というのが、よくわかりましたよ。

二人いて、2個いただいたのだから、1個ずつ!ですよね。
でも・・・「いらないよ!あげるよ!」と言って・・・
けど・・・       
まぁ、いいか!

熱っぽさと腹痛が、もう少しいじわるしてるけど、
美味しいものいただいたから、元気にならなくちゃ・・ね!

IMGP0331.jpg

DM用の作品作りが気になります。
間に合うかな? シ・ン・パ・イで~す。                            
                       広島ブログ

虫の息ですが・・・

生きていま~す。
コメントいただいてるのに、
お返事もしなくて、ごめんなさい。

久し振りに出掛けた、先日の帰り道。
思い切り、冷たい雨に降られたのがいけなかったのでしょう。
パソコンを開いても、文字を書く根気がなくて、
ほんとに失礼しています。

明日には、いつもの通り、動けるのでは・・・?
それを、期待して、薬を飲んで、また、横になりますね。

花かんざしさん!音♪さん!晋太さん!ぽけっとラッキーさん!
ごめんなさい!

では、おやすみなさ~い。

                        広島ブログ


食べられませんが・・・

お干菓子が入っていた羽子板の箱が可愛くて、

ささやかなお土産を入れてみました。

近々、お訪ねするときの手土産です。

食べられないのが、ザンネン!

でも、「お味はいかがでしたか?」って訊ねるでしょうね。

きっと!


IMGP0328.jpg

陽が陰れば寒いけど、何かしら「春の兆し」が嬉しいです。

針仕事が、楽になったような気がします。

                     広島ブログ

老衰末期の胃ろうについて

今朝の中国新聞くらし面≪シニア≫の欄に
下記の写真の記事がありました。


昨年の7月2日に母を送って、丸7ヶ月。

母の最期に、私のとった行動は正しかったのか?
ずっと、気持ちの深いところで澱のようにくすぶっていました。

IMGP0306.jpg

去年の2月・4月・6月と三回目の入院して2週間目くらいから、
ほとんど、食事が入らなくなりました。

「なんでも、好きなもの持ってきて食べさせてみてください」と言われて、
さまざまの好物を運びました。
それも、一口食べるのがやっと。

そんな日が数日続いたとき、「胃ろう」を勧められました。

わたしは、下半身全体に広がっている出血斑やタール便、
歯茎や粘膜からの出血をみて、
「もうそんなに長くはないだろうな」と思いました。


「このまま、静かに、逝かせていただけないでしょうか?」
「もう、精一杯生きたと思うんです。」
「胃ろうはしないで下さい。」

入院していて、医療行為を拒否するのですから、家族は辛いです。
覚悟がいりました。


それから、しばらくして、眠りの続きのように、
静かに、静かに、逝きました。

母の身体が次第に冷たくなっていった、あの感覚を思い出すたびに
「良かったのかな?」と、自分を責める私がいます。


この記事を読んで、少しだけ、許されたような気持ちになりました。
「平穏死」のすすめ
読んでみようと思います。
                    広島ブログ

春のお干菓子

この寒さは、なんということでしょう!

昨日は、-12.6度の観測史上最低気温を記録したとか。

キッチンのテーブルの上で≪ハチミツ≫≪オリーブオイル≫が氷結状態。

仏壇の花活け も水が凍っていました。

心配した 金魚鉢 は酸素で水が動いていたからでしょう。助かりました。

雪はうっすらと積もっているだけなのに、 ≪凍て付く≫ ってこのこと?

寒さがこたえます。

はやく、温かくならないかな?

いただき物の ≪春のお干菓子≫ で、春を呼び込みましょうて!

IMGP0303.jpg
                          広島ブログ
リンク
プロフィール
広島ブログ

あんてぃ~くあとりえ遊布戀

Author:あんてぃ~くあとりえ遊布戀
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR